専門学校短大との違い|理学療法士の学費でお困りなら|夢への扉を開く為に

専門学校短大との違い

看護師

様々な職場で働ける

看護師の資格を得るためには専門学校や大学、短大があります。それぞれにメリットはありますが、特に大学のメリットは大きく、看護師を目指す人は大学への入学がおすすめです。 大学のメリットは幅広い分野を学べることです。専門学校や短大だと3年間のため、医療系の授業や実習が多くなります。しかし、大学は4年間のため、社会福祉や心理まで様々な分野を学べます。また、助産師や保健師の受験資格も得ることができ、コースによっては養護経論の資格を得られます。将来的に障害者施設や学校、老人ホームなどで働くことを考えている人には適しています。 さらに看護大学では大学院へ進学することができ、学士号を持っていれば看護学校の教員になることも可能で、様々な仕事を視野に入れられる場所と言えます。

学費と入学難易度

看護大学は経済的な面で特徴があり、まず専門学校や短大と比べて学費が高いことが挙げられます。学校に通う年数が多い、高度な知識、様々な資格を得られることがその理由です。しかし、多数の国公立に看護学科はあるので、そこへ入学すれば経済負担を抑えることが出来ます。また、附属病院や地域の病院が奨学金制度を行っている場合もあるので、奨学金の有効活用も経済負担の軽減に繋がります。 経済面以外の特徴としては、専門学校等より入学の難易度が高いことが挙げられ、特に国公立は敷居が高いので計画的な学習が必要です。ただ、現在では数が増えており、一昔前までよりは入学しやすい環境となっています。 大学を卒業して看護師になることは、スキルアップや初任給の待遇が良い面もあります。経済的な面や学力、将来面を考慮しつつ、大学で看護師が目指せるかをぜひ検討してください。